経歴

  • 1976. 3  京都大学工学部化学工学科卒業
  • 1981. 3  京都大学大学院工学研究科化学工学専攻研究指導認定退学
  • 1981. 4  京都大学工学部 研究生
  • 1981. 9  京都大学工学部 助手
  • 1989.12  京都大学工学部 講師
  • 1993. 4  京都大学工学部 助教授
  • 2003. 8  京都大学大学院工学研究科教授
現在に至る

自己紹介・学生へのメッセージ

身長176cm、体重76kg、ウェスト92cmです(これを公開するのは、自戒のため)。目が良いのだけが自慢だったのですが、最近遠視が進み、眼鏡をかけることの煩わしさにもなれてきました。

中高ともバスケットボールをしていましたが、いまではフリースローがリングまで届かずショックを受けています。私が大学を受験する頃は公害問題が深刻な状況で(4大公害はわかりますか)、「化学工学は公害問題の解決に貢献する学問である」というようなことが書かれた学科紹介記事に惹かれて、化学工学科に進学しました。

学部4回生で研究室に配属され、はじめて「勉強」と「研究」の違いを体感し、衝撃を受けたことを今でも覚えています。恩師、先輩から、論理的思考法について、徹底的に教えていただきました。それ以来、数十年たち、研究室を運営する立場にいるわけですが、研究室に配属された学生には、是非「研究」の厳しさとおもしろさを体感して巣立ってもらいたいと思っています。