PageTop

Copyright (C) 2004-2010 Osamu TONOMURA. All right reserved.
tono2637 [at_mark] cheme.kyoto-u.ac.jp

 
マイクロ化学プロセス技術 〜バッチからフロー・マイクロへ〜
マイクロ化学プロセス技術は,反応場を微小空間に持ち込み,微小空間内の物質を自由に操ることで,高機能&高品質の化学合成を実現する技術である。副生成物の少ない化学合成,粒径の揃った微粒子の調製,研究開発から実生産への移行時間短縮,などが可能になる。
It is clear from worldwide research that micro chemical processes offer a unique approach to the spatial and temporal control of chemical reactions. In microspaces, viscous force, surface tension, conduction heat transfer, and molecular diffusion become dominant.
In addition, the contact time and interfacial area between fluids are precisely controlled. These features achievable in microspaces enable us to handle highly exothermic and rapid reactions and to produce fine particles with narrow size distribution.


十年先,理論と計算に先導された高機能集積型マイクロリアクタ設計,
マイクロプラント超安定連続運転の実現を目指して



1.マイクロ単位操作のモデリングと最適設計
経験工学的な要素が多く含まれたマイクロディバイス・プラント開発から脱却し,
各種現象モデル化法と最適化法を融合した装置設計法を構築する。

 


2.マイクロ化学プロセスモニタリングシステム開発
物理モデルから導出した状態空間モデルを用いてオブザーバを構築し,極力少数の
間接的な観測値から状態量・パラメータを推定する。同時に,高い推定性能を実現
するために,最適な位置にセンサを配置する。

  


3.数値流体力学シミュレーション(CFDシミュレーション)

●装置材質の選択が積層式マイクロ熱交換器性能に及ぼす影響度解析結果
  


●マイクロミキサの混合特性解析(左)&2相流の非定常シミュレーション(右)
  

 
 研究の一枚      一覧


Academic conference
  研究トピックス    一覧
  • マイクロ化学プロセス技術
  • モデリングと最適設計
  • モニタリングシステム開発
  • 数値流体力学シミュレーション
  • その他 
   お知らせ        一覧
  • TBA
Osamu TONOMURA Official WebSite
Process Systems Engineering, Dept. of Chem. Eng., Kyoto University
  Top Profile Research Education Document Journey  Photo  Link