Process Systems Engineering Laboratory
Department of Chemical Engineering
Kyoto University

Japanese English

サイト案内

メンバー

研究活動

イベント

課題図書

アクセス

リンク集

内部情報

お知らせ

日本化学会 第97春季年会

3月16-19日,日本化学会 第97春季年会(東京)にて,
論文3件の発表(殿村)

化学工学会 第82年会

3月6-8日,化学工学会 第82年会(東京)にて,
論文6件の発表(長谷部,殿村,金,谷口,高瀬)

H28年度 M1中間発表会

3月2日,M1中間発表会(桂キャンパス)が開催されました。
長谷部研から4名の学生が発表しました。

蒸留フォーラム2017

2月24日,蒸留フォーラム2017において招待講演(長谷部)

H28年度 修論・卒論発表会

2月20-22日,修論・卒論発表会(桂キャンパス)が開催され
ました。長谷部研から修士5名,学部6名が立派に発表しました。

在学生向けの研究室見学会

在学生向けの研究室見学会を下記日程で開催します。
工業化学科化学プロセス工学コース3回生が対象ですが,
1・2回生も歓迎します。
下記日時以外でも見学を受け付けますが事前連絡は必要です。

  訪問月日(曜) 集合時刻 集合場所 担当教員 当日連絡先(Tel.)
第1回  2/8(水)  化学プロセス工学コース3回生桂研究室見学会
第2回  2/10(金) 13時00分 桂A4棟120号室 殿村,金  075-383-2677
第3回  2/15(水) 13時00分 桂A4棟120号室 殿村,金  075-383-2677
第4回  2/16(木) 13時00分 桂A4棟120号室 殿村,金  075-383-2677

高等研究院・インテックセンター成果報告会

1月27日,京都大学工学研究科 高等研究院・インテックセンター
平成28年度成果報告会(桂キャンパス)にて,
マイクロ化学生産研究部門の成果発表 (殿村)

Joint Student Workshop on Microreactor

1月18-20日,POSTECH-Kyoto University-Tsinghua University
Joint Student Workshop on Microreactor (Pohang, 韓国)にて,
2件の論文発表 (西,辻(諒),殿村,長谷部)


第4世代放射光装置の見学   ポスター発表

ショートプレゼンテーション(左:西君,右:辻(諒)君))

インターンシップ学生の受入

Mr. Gwangnoh Ahn (Kyungpook National Univ.) を
インターンシップ学生として受け入れ(2017.4.13まで滞在)

E-JUSTにて集中講義

12月25-29日,エジプト日本科学技術大学(アレキサンドリア)
にて集中講義を実施(長谷部)

最適会

12月17日に最適会を開催
OBの皆さん,ご参加ありがとうございました

外国人共同研究者の受入

Dr. Julian Cabrera Ruiz (Universidad de Guanajuato) を
外国人共同研究者として受け入れ(2017.4.27まで滞在)

AIChE年会

11月13-18日,米国 San Franciscoで開催されたAIChE Annual
Meeting に参加・発表(長谷部,金,高瀬)

京都大学ELCAS

11月5日,桂キャンパスにて,
京都大学ELCAS 基盤コース後期「化学工学」分野の
第1回を担当。7名の高校生が参加し,座学,実験,
コンピューターシミュレーションを実施(殿村,谷口,B4岡本ら)

研究室BBQ

10月29日,松尾にて研究室バーベキューを開催

KIChE秋季大会

10月19-21日,韓国大田で開催されるKIChE(韓国化学工学会)
秋季大会において招待講演(長谷部)

Prof. Richard Braatz 講演会

10月3-7日,MITの Braatz教授(JGP化学系ユニットの特別招
へい教授)が来学。個別の研究ディスカッション,および,一般
講演(10月4日),シリーズセミナー(10月5-7日)を開催

IWPI2016

9月29-30日,IWPI(International Workshop on Process
Intensification)(Manchester, UK)にて講演(殿村)

講座旅行

9月25-28日,韓国ソウルへ研究室旅行,その3日目午後,
延世大学を訪問

IMRET14

9月11-14日,IMRET(International Conferences on MicroREaction
Technology)(Beijing, China)にて,論文3件の発表
(長谷部,殿村,M2尾鍋(↓),M2西(↓))

 

化学工学会 第48回秋季大会

9月6-8日,化学工学会 第48回秋季大会(徳島)にて,
論文3件(優秀論文賞1件(D2高瀬)含)の発表
(長谷部,殿村,金,谷口,M1辻,B4板橋)

金助教がSIS部会研究奨励賞を受賞
講演題目
「CZ法を利用した300mmシリコン単結晶製造プロセスのグレイ
ボックスモデリング


同大会期間中に開催された 第15回プロセスデザイン学生コンテ
ストにおいて,B4 板橋・小堀・松山のチーム(発表者:板橋君)が
次の4賞を受賞
 優秀賞(オメガシミュレーション賞)
 ベストプレゼンテーション賞
 プロセス最適化賞(東洋エンジニアリング賞)
 反応システムアイデア賞(トクヤマ賞)

PSE asia 2016 Excellent Student-Paper Awards

8月15日,PSE Asia 2016 Excellent Student-Paper Award
を受賞(高瀬)
Paper title: Optimal Structure Synthesis of Distillation Processes
Using Stepwise VLE Description

化学工学専攻奨励賞 表彰式

平成27年度修士論文中間発表会において,尾鍋君が化学工学
専攻奨励賞を受賞。その表彰式が8月5日執り行われました。

工化2回生研究室見学会・説明会

8月5日,化プロコースでは,工業化学科2回生を対象に
研究室見学会・説明会を行いました。

マイクロ化学生産研究コンソーシアム

7月27-29日にマイクロ化学工学,8月3-5日にマイクロ生産
実習の集中講義を開催(長谷部,殿村)。
詳しくはコンソーシアムHPをご覧ください。

JSPC 2016 Summer Symposium

7月28-29日,日本プロセス化学会2016サマーシンポジウム
(名古屋)にて,1件の論文を発表(殿村)

PSE asia 2016

7月24-27日,PSE Asia 2016(7th International Symposium
on Design, Operation & Control of Chemical Processes)
(東京)にて,4件の論文を発表(長谷部,殿村,金,谷口,
D2高瀬,M2辻)

Prof. Mohamed Azlan Hussain 講演会

7月19-22日,University MalayaのMohamed Azlan Hussain教授
が来研し,個別に研究ディスカッションを行うとともに,
20日午後に同教授の講演会
を開催

プロセス設計発表会

7月8日,化学プロセス工学コース4回生プロセス設計
発表会(桂キャンパス)を開催

マイクロ化学プロセス分科会 討論交流会

7月1-2日,化学工学会反応工学部会マイクロ化学プロセス分科会
第7回討論交流会(三重県津市)に参加し(長谷部,殿村),
招待講演を行いました(殿村)

オランダ/アイントホーフェン大学訪問

5月8-10日,アイントホーフェン大学を訪問し,博士学位の最終
審査を行うと共に,招待講演を行いました(長谷部)

JCEJ Outstanding Paper Award of 2015

Journal of Chemical Engineering of Japan 誌の Outstanding
Paper Award of 2015 を受賞(高瀬,長谷部)
受賞論文:Optimal Structure Synthesis of Internally Heat
Integrated Distillation Column
Hiroshi Takase, and Shinji Hasebe
Journal of Chemical Engineering of Japan, 48(3), 222-229, 2015

研究室新歓

4月5日,研究室新歓+毎年恒例のボウリング大会を
四条河原町で開催しました。ハイレベルな接戦が繰り広げられました。

H28年度 新メンバの顔合せ

化学工学専攻・化学プロセス工学コースのガイダンスが4月4日に行われました。長谷部研に配属される新M1および新4年生は,ガイダンス終了後,研究室に集合し,顔合せ,ならびに,オリエンテーション等を行いました。

■■■ その他のニュース・イベント情報へ ■■■

研究室概要

システムの合成と最適化
-マイクロ化学システムから地球環境まで-

21世紀をむかえ,環境問題など複雑で困難な問題を抱える社会情勢の中で,国際競争力のある高付加価値製品の生産を省資源・省エネルギー化と同時に実現できる生産システムの実現が望まれています.

そのような革新的な生産システムを実現するための方法論,より具体的には,生産システムの設計や運転を合理的におこなうための方法論を研究する学問体系が「プロセスシステム工学」(Process Systems Engineering)です.

本研究室は,プロセスシステム工学の発展を図ると同時に,この分野における人材の育成と研究成果の実社会へのフィードバックを通して,我が国の産業の発展に寄与することを目指しています.

スタッフ

所在地

〒615-8510
京都市西京区京都大学桂
桂キャンパス A4棟 1階122号室

TEL 075-383-2647 / FAX 075-383-2657

もっと知りたい方へ

学生へのメッセージ・アドバイス

Valid W3C XHTML 1.1! Valid W3C CSS!

Copyright © 2003-2016 PSE Lab.. All rights reserved.
This website is managed by Osamu Tonomura.